性家電ってこんなにいっぱいあるんだって感動した話

性家電色々、人生も色々…

このサイトでも幾つか人気の性家電を紹介してきた私ですが、ふと疑問に思ったんです。

 

「いったい世の中にはどれくらいの数の電動オナホや、他の性家電があるんだろう?」

 

疑問に思ったら速行動!というわけで、まずは本屋に行って見ました。でも、性家電のコーナーなんかあるわけない。。。。

 

そりゃそうだって事で、次はエッチなお店に行きました。といても風俗店じゃないですよ!アダルトグッズ専門ショップです。

 

「すんませーん!性家電を全部見せてください!」

「はい?性家電?なんぞそれ?」

「こう、電動で動くオナホとか、乳首攻めるローターとか、そういうやつです!」

「ああ。、電動オナホとかですね。RENDSってブランドが有名ですよ。こっちです。」

 

 

ふーーーん。性家電ってまだ普及してないんだな。。。って少し悲しくなっちゃいます。しかも、紹介されたのはA10ピストン、A10サイクロンSAでしたし(それ、知ってますwww)

 

というわけで最終手段はネットです。ネットの情報って氾濫しすぎてて、どれが正しいんか良くわからないので好きにはなれないのですが、、、、、

 

するとこんなサイトを見つけました。電動オナホール全57種類の比較サイトだそうでして、まあ片っ端からランキング形式で色んな電動オナホをレビューしてくれています。

 

このサイトでも性家電って言葉は使ってなくて少し残念ではあるのですが、アナルバイブ、電動オナホ、カップルで遊べるグッズなど、幅広く紹介されていて、私が知らないグッズもたくさん紹介されていたのが嬉しかったですね。

 

この記事を読んでくれている人には興味深いサイトだと思うので紹介してみました。きっと新しい発見がrと思いますので参考になさって下さいね。

今の人たちは・・・

新旧のアダルトグッズが比較できない私ですが、不幸中の幸いなのかもしれませんが、ある程度歳をとってくると昔使っていたアダルトグッズが懐かしく感じて、それを今の彼女やもしくは妻などに試してみたいと思うようになるのです。

もし最初から新しいものしか使っていなかったとしたならば、今の便利になったアダルト物が当たり前のように感じていたかもしれません。昔の使い勝手が悪い時のほどアナログな感じがして、むしろそれが彼女のために一生懸命尽くしていた自分がいたりするのです。

今は便利になった分、そういった点はあまり考えずにただ単に使っているという感覚の時があります。

例えば性家電などがそうなのですがこれは音がほとんどせず、使っている感じが全くしません。

確かに便利なのですが、音がうるさいがためにオナニーをしているのがばれるのが怖くてヒヤヒヤしていた時代がありました。

だからこそ人がいないときに思いっきり羽を伸ばす感じでグッズを使っていた頃はなんともいえない爽快感を感じていたものです。

人間は無い物ねだりなんだなとつくづく思ったりします。

これは彼女と一緒にプレーするためのものではないのですが、こういうグッズ一つ一つをとってみても、新旧のアダルトグッズを知ってるのと知らないとのではちがってくるんだなと痛感します。

今の時代に生きている人たちは本当に便利になったと思います。

でもそれは当たり前になっているのですから、これからおそらく出てくるグッズはそれほど変化をもったものは出てこないでしょう。

そうなった時に今の人たちはどういった比較をするのでしょうね。

 

 

それが功を奏してか

 

新旧アダルトグッズが比較できない私

若い時と言うのは一瞬にして過ぎ去っていくものですよね。

彼女ができて1日中セックスをしていたりするのも苦痛ではなかったですし、

またそれを可能にするだけのパワーがありました。

ですのでその時に使うアダルトグッズなんてむしろどうでもよく、射精して次のセックスのときの射精までの間、時間を持て余すのももったいないのでアダルトグッズを使って彼女飽きさせないようにするために使っていたというのが本音では無いでしょうか。

ところが歳をとってくるにつれて、アダルトグッズの使い方が変わってきます。

なぜかというと、それを使って彼女が興奮する姿を見て、自分が徐々に興奮してくるために使うからです。全く若い時と今とでは使い方が違ってくるのです。

なにが言いたいかと言うと、新時代のアダルトグッズとして感じることは、古いアダルト物と新しいものとを比較できるからです。

ところが古いのを使っているのは若いときに使っているものなのですが、その時はただ単純に使っていただけで、機能性や利便性などはどっちでもよかったような気がするのです。

つまり新旧のアダルトグッズの比較ができないところが悲しいところなのかなと思ったりします。

ただ今のグッズを使えば分かるように随分と便利になったということがよくわかります。

電池式の場合なら長く電池がもったりするのですが、やはり昔ものは一日使うとアウトになったりするものが多かったからです。

そういう面はすぐにわかるのですが、ちょっとした内容が変わったくらいではわからないので辛く感じることもありますよね。

利便性などはどっちでもよかったような気がします

 

説明するのは性家電であるということ

彼女が変わるたびにアダルトグッズをかえている私。

元カノのために使っていた物を今の新しい彼女に使うのはなんだか申し訳ないと思っている変なところがあるのです。

それとまた新しい物を使えるという喜びがそうさせているのもあるかもしれません。

だって彼女がいないとき1人寂しく過ごすにはちょっとあまりにも悲しすぎることってないですか。

そこで私はそういう時はA10サイクロンSAという恋人を使って自分自身を慰めているのです。

風俗にいくとお金がかかりますし、a10サイクロンSAは本当に助かります。

確かに購入するには高いのですが、一度かってしまえば風俗にいくのとくらべて安くで済むので大助かりです。

今、A10サイクロンSAの性能については一々書かなくてもいいと思っています。ないようはこれほど素晴らしいものがないので、どの方のコメントについてもおそらく誰もが満足するに違いありません。

文章の下手な私がいちいち説明してどうこうなるわけではないので割愛しますが、むしろどちらかというと私が強調したいのは「性家電」であるという点です。

これだけはどうしても外すわけにはいきません。

なぜなら一般家庭に置かれていても、どういう商品かは一目みただけでは絶対に分からないからです。

友達が遊びに来でもこれはどういうものなのかって聞かれても、ただ笑っているだけで十分なのです。

女友達がきたときにその使い方を示すと、とても恥ずかしそうな顔をしますがそれを見るのがとても興奮するので毎回やってしまいます笑。

 

 

 

 

 

時代を先行するも

いつか性家電が時代に追いつく といったことがありました。

でもよくよく考えてみれば、もしかしたらも追いついてしまっているのかもしれません。

といいますのも、この商品が出回ってきたというのではなく、従来の商品では誰しもが満足できなくなってきているのです。

この商品でないと駄目だというとこまで来ているのです。

ちょっと前まではこの商品が究極の商品として紹介され、誰しもが斬新的な内容に驚いたものです。

しかしそれは皆さんがだいぶ使うのに慣れてきたから時代に追いついたのだと思われがちですがそうではありません。

家電と言うだけあって一家に1台置いておくことを想定するというのは頷けます。この商品の素晴らしさはおそらく時代に追いついていますし、むしろもっと活動領域が広がってくるに違いありません。

一方でこの商品が発展しないままで、このまま続くのではないかと危惧しているのです。この商品が世の中に日の目を見るのはほとんどないと考えるからです。

日本人の考え方としてはどうしてもアダルトグッズ使うと言うのは恥ずかしいことだという意識が強いのでいくら良い商品を評価されることがほとんど無いのです。

しかし楽しんでいるばかりではありません。

むしろだからこそチャンスなのです。

夢ならどんどんと広げることができますし、男性が恥ずかしくないような形で買い求めるようになれば、究極のスタイルができあがるのですがどう思われますか。

 

2つの答えをパターンとして用意しておく

この前答えを2つ用意すること とブログに書きました。

確かに答えを前もって準備しておくのは本当に有効です。

どの方に聞かれてもこのように答えるとか、こちら側の答えをしっかりと相手に伝えようとか、いろいろ考えることができるからです。

「性家電」と言う言葉だけでもかなり斬新です。

必ず聞かれるのです、それがどういう意味なのかということを。

それをまた説明して、なおかつ商品の詳細について説明するとの二度手間になってしまい本当に大変です。

いちいち何度もその質問の答えを言わなければならないときは本当にうんざりします。

もちろんそういう時は多ければ多いほど嬉しいこと嬉しいのです。

なぜならばそれだけ世間に認知されるきっかけになるのですから。

しかし本気でこの人がこの商品について真剣に聞きたいと思っているかどうかになるとはなはだ疑問に感じたりもします。

それはそうですよね。だってアダルトグッズですから。

どんなによい製品であっても、男の欲望を解消できるため男にとっては必要なものであったとしても、社会に出て話をする以上は、社交辞令的なところや建前と本音で話ができるほど垣根が低くなっていればいいのですが、ほとんどがそうではありませんものね。

仕方がないといえば仕方がないのです。

ですのでそのときは答えを2つ用意しておくべきだと言う事でしたが、実は何パターンもの2つの答えを用意しておくのも1つの手かなと思ってたりします。

こればかりはやってみてどういう答えが返ってくるかによって、こちらの準備も変わってくるのですけどね。

 

 

 

性格

答えを2つ用意すること

性家電とは何かと聞かれた時に簡単に答えるものと難しく答えた方が良いものの2つの答えを用意しているのです。

簡単なほうの答えとしては「エッチの時に使う機械」だというふうに説明します。

もう一方難しいように答える場合は、実はというと本当はこの商品はこれぐらい素晴らしいだと説明するところをあえて難しく説明するよりするのです。

もちろん、なかにはきちんきちんとこのように理論付けて説明する方が購買意欲がそそられるというか、それだけ理論的に説明できるのならば、素晴らしい商品だといわんばかりにその商品を購入している人がいます。

それはそれで良いのですが、私の難しい答え方というのはむしろ諦めてもらいたいという意味で答えがあるのです。

それはA10サイクロン SAの購入を妨げているのではないか、つまり営業妨害をしているのではないかと思われがちですが、そうでは無いのです。

つまり買ってもらいたくない人にわざわざきちんと説明して買ってもらいたくないからです。

誰だってこの商品の素晴らしさを知ってもらいたいと思うはずです。もうこの商品が素晴らしいということを知っているからこそ、なんでもかんでも売ればいいとまでは思わないはずです。

使って欲しい人に使ってもらいたい、それが正しく性家電では無いでしょうか。私はそのように考えていますが他の方も同意見では無いでしょうか。

答はきちんと用意しているのです。それを使うか使わないかだけなのです。

難しい事では無いのです。

 

いつか性家電が時代に追いつく

なるほどな、そうだったんだと思うようなことありませんか。

私は性家電と言う言葉を以前から知っていたのですが、それをネットで調べると、こんなにいとも簡単に検索ができると思っていませんでした。

といいますのも、私しかこの言葉を知らないと思っていましたし、他の方が仮に知っていたとしても、それほど有名ではないと思っていたからです。

ところが最近ではこのせいか、性家電という言葉は極々当たり前のように認識されてきていますし、実際何を指すのかということもどうやら男性の中でも、だいぶわかってきているようなのです。
この製品は、もちろん見た目には普通のインテリアとして置いていても何も違和感がありません。でもこれが一体どういうものかということを知ったとき、その内容の濃さとその内容の充実ぶりにさらにギャップのある驚きが出てくるのです。

性の世界もここまで変わってきたのだなとつくづく思いました。

こういう商品開発は絶対にこの独特な世界には出てこないと思っていたのです。つまり何十年先にこの商品がデビューするのではないかと思ってたぐらいです。

ところが、今のこの商品が世の中に出始めているのです。それは徐々にではあるのですが、リピーターも当然というのが現状では無いでしょうか

ウォークマンと聞いてくるまさか「歩いてる人」を指すとも思いませんし、ウォシュレットと聞いていったそれはどういう意味なのかときくひともまずいないでしょう。

それと同じである近い将来、性家電についてのどういうことだかと言う意味も皆さんが普通に把握できるときが来るでしょう。。

 

 

 

理屈で考えよう。

今まで使っていたアダルトグッズを使わないようにしたり、新品が出てきたら必ず買い求めていた自分の衝動を途中でやめてみたりなど、我慢することも重要かな と思うことってありますよね?特に新時代のアダルトグッズは常に求めてしまいますから。性家電なんてやめられませんから。

アダルトグッズを我慢したところで何が変わるというわけではありません。タバコを買うのやめたりしたら、それは健康にとって良いとかもしくはタバコ代が浮くなどそれなりのメリットがあるわけですが、アダルトグッズを買わないからといって何ら変化するわけではありません。

しかし、その我慢がなんだか射精の質の高さにつながっているような気がするの私だけでしょうか。つまりアダルトグッズたくさん使えば使うほど、射精をたくさんしたいと思います。

でもその射精の質の良さが気持ち良さの質につながるような気がするのです。言い換えれば、気持ち良くなるためにアダルトグッズを使うわけであって、アダルトグッズを使えば必ずしも気持ちよくなるというわけでもないということをもう一度自分の中で再確認したい時があります。

理屈っぽいかもしれませんが、おそらく理屈で説明すれば男の人って必ずこういう形になっているのではないかと思うのです。だからこそ何日も精液をためて風俗に行ったり、彼女ではなく時折は違う女の子に浮気をしてみたり、不倫をしてみたりするのはそういう訳では無いかと思われるのです。

ためて発散するのではなくあくまで質の高さを求めるのは男性の本能なのではないかと思うんですよね。皆さんはどう思いますか。私だけでは無いはずなのですが。

 

A10サイクロンSAという恋人。

探し物を見つけたことがありますか。

私の勝手なこだわりですが、ネットで検索して自分の欲しかったものを探すと言うのはしません。

なんだか卑怯な気がするので、それをせずに自分の探しているものを求めると言うが今の私のポリシーです。

そんな私の探し求めていたのがA10サイクロンSAと言うやつです。たまたまどこかでこの商品についての情報をみつけたのです。

友達がその商品を使っていたりまたはその商品を目の当たりにしているならば、確かルートを探ることができるかもしれませんが、私には全くその術がなかったのです。

そして色々なアダルトグッズ専門ショップに行ってみましたが結局見つかりませんでした。

そこで私は恥ずかしながらもショップで働いてる店員さんに聞いてみたのです。

すると驚くべきような答えが返ってきました。

それはなんと店頭販売をしていないということでした。

私はネットで購入することにしたのです。ネットで検索してその商品を見つけたのではなく、購入ができるということを他の人から教えてもらったのだから、これは私のポリシーに反することではありません。

さっそく調べてみると私は待ち望んだ恋人がそこにはいたのです。これがいわゆる性家電なのかと全身に鳥肌が立ってしまいました。

欲しかった商品を目の当たりにすると、こんなにも人間というのは興奮するものなんですね。その日のうちに即決で購入してしまいました。

おそらくこの商品を買われる方は私と同じような形で即座にクリックボタンを押したに違いないのです。だって今商品見たら購入したくなるのですから。