我慢することも重要かな

最近では様々なアダルトグッズが販売されています。ネットで見ていても実に機能性に飛んでいて、こちらも購買意欲がどんどんと湧いてくるような素敵な商品も数多く販売されていますよね。

ここでいろんなことを想像しちゃいます.

もちろんオナニーのことでもそうなのですが、実際彼女がいることを想定したらこの機械だとか、ひとりで連続で射精をしたいなと思ったときはあの機械がいいなとか。

実はオナホールを考えた時に、意外とその機械の性能とかよりも、自分が頭の中でオナニーをする場面とぴったり合うような、そしてしっくりくるなものを探している様な気がするんですよね。まぁ他の方はどうかわかんないですけど。

変な話、オナホールにこだわってる人というのはオナニーをやたらとする人だと思うんですよね。

普段からオナホールを使っていてあーでもないこーでもないと言いながらも不満をいうからそれが逆に満足している部分もあるんですよね。

でもやはり性家電と呼ばれている商品についてはちょっとこれは

ある意味ずるいというか卑怯というか、こんな商品がでたら、ほかはとてもじゃないけど太刀打ちできないなぁと思うものもあるのです。

時代の流れかもしれませんがまさしく究極の商品では無いかと思うものもあります。

しかし私はあえて

まさにあえて

それを使わないようにしています。先ほども言いましたが不満がある事を、つまり愚痴を言うことで、不満を発散しているわけですから、(満足のいく商品はいらないとまで言ってしまっていいのかわかりませんが、)今のところは我慢しています。

 

コメントは受け付けていません。