性の文化がひらかれり。

昔の人に性家電って何かわかる?と聞くと、

大抵の人が静かな家電製品と答えます。

もしくは新しい電鉄会社の名前「せいか」電と考える人もいるようですから、面白いものですよね。
答えはこういうものなんですよというと、本当に驚かれます。

まさかなんですよね。昔の人にとってはアダルトグッズがそもそも不思議な商品だと思うのに、それが正しく家電製品のように普通の一般家庭に置かれていると、それは余計にびっくりするのは無理もありませんよね。
違和感なく普通の部屋に置かれていたらインテリアそのもの。

でも使用すれば、本物の女性よりもずっと気持ちよい感度の良いアダルト商品であれば、なおさら優れていると思います。

ある外国製品の有名なあの掃除機のように、ブランド化されてくれば、年老いた人々にとっても認知されてくるのでしょう。

今で言うスマホみたいなもんですよね。

どこの家庭でも一家に一台、この商品が存在するかもしれません。

男性の家族だけがコレをおけると思うかもしれませんが、女性家族にとってもそういったものを一つ用意しておくことで、男性を招き入れる招き猫、ならぬ招き「性家電」となるかもしれませんね。

この発想、とても面白いと思いますよ。

性家電は自分だけではなく、まるで人たちも満足させるだけのパワーを持っているものだと私は思います。新時代はこういうあけ方をしていくんですよね。

文明開化の音がする時は性の文化も開くのでしょう。はい。

コメントは受け付けていません。