今の人たちは・・・

新旧のアダルトグッズが比較できない私ですが、不幸中の幸いなのかもしれませんが、ある程度歳をとってくると昔使っていたアダルトグッズが懐かしく感じて、それを今の彼女やもしくは妻などに試してみたいと思うようになるのです。

もし最初から新しいものしか使っていなかったとしたならば、今の便利になったアダルト物が当たり前のように感じていたかもしれません。昔の使い勝手が悪い時のほどアナログな感じがして、むしろそれが彼女のために一生懸命尽くしていた自分がいたりするのです。

今は便利になった分、そういった点はあまり考えずにただ単に使っているという感覚の時があります。

例えば性家電などがそうなのですがこれは音がほとんどせず、使っている感じが全くしません。

確かに便利なのですが、音がうるさいがためにオナニーをしているのがばれるのが怖くてヒヤヒヤしていた時代がありました。

だからこそ人がいないときに思いっきり羽を伸ばす感じでグッズを使っていた頃はなんともいえない爽快感を感じていたものです。

人間は無い物ねだりなんだなとつくづく思ったりします。

これは彼女と一緒にプレーするためのものではないのですが、こういうグッズ一つ一つをとってみても、新旧のアダルトグッズを知ってるのと知らないとのではちがってくるんだなと痛感します。

今の時代に生きている人たちは本当に便利になったと思います。

でもそれは当たり前になっているのですから、これからおそらく出てくるグッズはそれほど変化をもったものは出てこないでしょう。

そうなった時に今の人たちはどういった比較をするのでしょうね。

 

 

それが功を奏してか

 

コメントは受け付けていません。