説明するのは性家電であるということ

彼女が変わるたびにアダルトグッズをかえている私。

元カノのために使っていた物を今の新しい彼女に使うのはなんだか申し訳ないと思っている変なところがあるのです。

それとまた新しい物を使えるという喜びがそうさせているのもあるかもしれません。

だって彼女がいないとき1人寂しく過ごすにはちょっとあまりにも悲しすぎることってないですか。

そこで私はそういう時はA10サイクロンSAという恋人を使って自分自身を慰めているのです。

風俗にいくとお金がかかりますし、a10サイクロンSAは本当に助かります。

確かに購入するには高いのですが、一度かってしまえば風俗にいくのとくらべて安くで済むので大助かりです。

今、A10サイクロンSAの性能については一々書かなくてもいいと思っています。ないようはこれほど素晴らしいものがないので、どの方のコメントについてもおそらく誰もが満足するに違いありません。

文章の下手な私がいちいち説明してどうこうなるわけではないので割愛しますが、むしろどちらかというと私が強調したいのは「性家電」であるという点です。

これだけはどうしても外すわけにはいきません。

なぜなら一般家庭に置かれていても、どういう商品かは一目みただけでは絶対に分からないからです。

友達が遊びに来でもこれはどういうものなのかって聞かれても、ただ笑っているだけで十分なのです。

女友達がきたときにその使い方を示すと、とても恥ずかしそうな顔をしますがそれを見るのがとても興奮するので毎回やってしまいます笑。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。