時代を先行するも

いつか性家電が時代に追いつく といったことがありました。

でもよくよく考えてみれば、もしかしたらも追いついてしまっているのかもしれません。

といいますのも、この商品が出回ってきたというのではなく、従来の商品では誰しもが満足できなくなってきているのです。

この商品でないと駄目だというとこまで来ているのです。

ちょっと前まではこの商品が究極の商品として紹介され、誰しもが斬新的な内容に驚いたものです。

しかしそれは皆さんがだいぶ使うのに慣れてきたから時代に追いついたのだと思われがちですがそうではありません。

家電と言うだけあって一家に1台置いておくことを想定するというのは頷けます。この商品の素晴らしさはおそらく時代に追いついていますし、むしろもっと活動領域が広がってくるに違いありません。

一方でこの商品が発展しないままで、このまま続くのではないかと危惧しているのです。この商品が世の中に日の目を見るのはほとんどないと考えるからです。

日本人の考え方としてはどうしてもアダルトグッズ使うと言うのは恥ずかしいことだという意識が強いのでいくら良い商品を評価されることがほとんど無いのです。

しかし楽しんでいるばかりではありません。

むしろだからこそチャンスなのです。

夢ならどんどんと広げることができますし、男性が恥ずかしくないような形で買い求めるようになれば、究極のスタイルができあがるのですがどう思われますか。

 

コメントは受け付けていません。