答えを2つ用意すること

性家電とは何かと聞かれた時に簡単に答えるものと難しく答えた方が良いものの2つの答えを用意しているのです。

簡単なほうの答えとしては「エッチの時に使う機械」だというふうに説明します。

もう一方難しいように答える場合は、実はというと本当はこの商品はこれぐらい素晴らしいだと説明するところをあえて難しく説明するよりするのです。

もちろん、なかにはきちんきちんとこのように理論付けて説明する方が購買意欲がそそられるというか、それだけ理論的に説明できるのならば、素晴らしい商品だといわんばかりにその商品を購入している人がいます。

それはそれで良いのですが、私の難しい答え方というのはむしろ諦めてもらいたいという意味で答えがあるのです。

それはA10サイクロン SAの購入を妨げているのではないか、つまり営業妨害をしているのではないかと思われがちですが、そうでは無いのです。

つまり買ってもらいたくない人にわざわざきちんと説明して買ってもらいたくないからです。

誰だってこの商品の素晴らしさを知ってもらいたいと思うはずです。もうこの商品が素晴らしいということを知っているからこそ、なんでもかんでも売ればいいとまでは思わないはずです。

使って欲しい人に使ってもらいたい、それが正しく性家電では無いでしょうか。私はそのように考えていますが他の方も同意見では無いでしょうか。

答はきちんと用意しているのです。それを使うか使わないかだけなのです。

難しい事では無いのです。

 

コメントは受け付けていません。